お肌のハリが気になりだしたら「時計美容」アテニアドレスリフト14日間ハリ実感プログラムお取り寄せ

アテニア
アテニアドレスリフト
体内時計をつかさどるのは、最近注目されている「時計遺伝子」というもの。その「時計遺伝子」を使った美容を「時計美容」といいます。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="7466747406">


時計美容とは


人の体はとっても神秘的。お肌のことに焦点を合わせてみると、私たちの疲れてダメージを負ったお肌を夜の睡眠中に修復・再生を行うためアンチエイジングホルモンを分泌し、翌朝には回復するという力をもっています。人間の体は24時間このようにして生体リズムをコントロールしています。そしてアンチエイジングの最先端の研究から「時計遺伝子」という遺伝子が見いだされてきました。

時計美容とは24時間の生体リズムに合わせたスキンケアを行っていくという、一番ふさわしい時間、その時間に一番効果のあるスキンケアを行うということです。肌再生効率を最大限に発揮するという美容が、24時間「時計美容」といいます。

今日から始める「時計美容」アテニアドレスリフト14日間ハリ実感プログラム

「時間遺伝子」に基づいて行う「時間美容」14日間のお試しでその効果を実感するべくお取り寄せしました。
ドレスリフトとは気になる年齢はどのハリの衰え。ハリが衰えると実年齢よりもかなり老けて見えるようになってきます。それがもっか私の悩みです。
肌のリズムの合わせて朝と夜、最適なケアを出来るスキンケア、ドレスリフトの名前の由来は「ハリと品格をまとう」。美しいドレスを着た時の女性は喜びと自信に満ち溢れますね。お肌のハリを取り戻せるなら、年齢を重ねた女性なら誰しもそう願うのではないでしょうか?私はかなり最近実感しています。肌のハリのなさ、タルミを実感始めたころから、なんとなく自信も遠のき下向き気味になっている自分が嫌で仕方がありません。本当は胸を張って前を向きたいのにうつむき加減。うつむくからさらにたるんでしまう。悪循環ですね。
アテニアドレスリフト14日間のハリ実感プログラム!かなり期待しています。
アテニアドレスリフト14日間のハリ実感プログラムは、もしお肌に合わなかったら使用後でも返品・交換をしてくれます。
今ならおまけに、美容マスク付きミッドナイトモイスチャライザー(秋冬用)が3回分ついていて1,500円(送料無料)です。
チャンスなので購入してみました。



>>>アテニアドレスリフト

24時間「時計美容」スキンケアのタイムテーブル

24時間の生体リズムの合わせたスキンケアの「時計美容」とは、時間ごとではどのような状態をいうのでしょうか。

洗面所
朝起きてから10時ごろまでに副交感神経から交感神経にバトンタッチ。リラックスモードからアクティブモードに体内リズムは変わります。だんだんと日中のダメージに向かっての防御力が高まっていく時間です。その防御力を最大限にするためにも、しっかりとした洗顔でお肌を起こすことが大切です。朝の洗顔はアクティブな日中の為のスイッチオン!

日中

日中は紫外線・乾燥等、お肌にとっては一番過酷な時間です。日中の持久力を高めるのが大切ですが、年齢を重ねるとその力も衰えてきます。午後のくすんだお肌はまさしくその現われです。40代に入ると少しづつ知らない間に忍び寄ってくる午後のお肌の状態が50代になるとかなり顕著になるので、自分でも気がつくほど。子どもたちjから「それでもお化粧しているの?」と言われる始末。悲しいですよね。そんな午後のお肌の状態を先延ばしにするためにも、日々の「時計美容」で回避していきたいものですね。


夜リラックス
夕方17時頃からは、少しづつ交感神経から副交感神経へと体の状態は切り替わっていきます。少しづつリラックスモードに変化していきますね。そのその時間に美容成分をしっかりと補給することが寝ている間の肌再生に影響を及ぼすので、しっかりと美容成分を入れるのが大事です。

真夜中
月
真夜中こそ、一日の「時間時計」の成果とでもいうのでしょうか、アンチエイジングホルモンを最大限に引き出して、肌再生する時間です!
真夜中のお手入れは、実際は眠っているわけですから自分の手で行うことはありません。しっかりと熟睡することがお手入れになります。
睡眠中の真夜中にアンチエイジングホルモンの分泌が最大限に引き出されるためにも、質の良い睡眠が必要となってきます。寝る前には肌環境をベストな状態に整えて肌再生のスイッチを入れ、ぐっすり眠って翌朝の生まれたての素敵なお肌を作り上げるということが真夜中のお手入れです。

質の良い睡眠を得るための方法


ベッドに入る約2時間ぐらい前に、ぬるめのお湯につかってリラックスする。


部屋の明かりは少し落として薄暗くすると自然に眠気がやってきます。キャンドルを灯したりダウンライトぐらいの明るさにすると、リラックス効果抜群です。

アロマオイル
その時にアロマオイルなどの香りを使うとより効果的です。
心地よい眠りのためのオイルの香りはレッドシダー樹液の香りが、一日の終わりに開放されるようなリラックス効果があるといわれています。



>>>アテニアドレスリフト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Return to Top ▲Return to Top ▲