「地の塩社」さくら湯シリーズ| 乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム 口コミ

地の塩社 乙女の柔肌 スキンケア

温泉水とコメ発酵成分をたっぷりと配合でもっちりしっとりの「地の塩社」さくら湯シリーズ! 乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームをお試しさせていただいています。「地の塩社」さくら湯シリーズ「乙女の柔肌」は天然の温泉水「山鹿温泉さくら湯」の温泉水、120年以上の歴史のある「千代の園酒造」の純米酒(日本酒)・馬油など歴史のある熊本県の特産物を使用したシリーズです。年齢を重ねた女性が乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームを実際に約1か月使ってみた実感レポです。

スポンサーリンク

乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリーム

地の塩社 乙女の柔肌

乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームは「美人の湯」山鹿温泉 さくら湯の温泉水と「千代の園酒造」の純米酒(日本酒)のコメ発酵液を使う自然派のスキンケアです。

酒蔵の杜氏さんたちの肌は白く、きめが細かくてしっとりとしていると言われています。その所以は麹から生じる成分の中には、 肌を美しく輝かせるビタミンB2など、数多くの「美肌のもと」がふくまれています。また麹の成分は肌に良く、古い角質を除去してくれる酵素が出ると言われていることがその理由ではないかと思われています。「地の塩社」さくら湯シリーズ「乙女の柔肌」は、120年以上の歴史のある「千代の園酒造」の純米酒(日本酒)のコメ発酵液を使い、化粧水にはコメ発酵液を含めた6つの保湿成分、美容ジェルクリームには9つの保湿成分と7つのエモリエント成分が配合されているところが、ナチュラル思考の自然派女子が指名買いする理由だと思います。



乙女の柔肌水

地の塩社 乙女の柔肌
乙女の柔肌水はお顔のみならず全身に使える化粧水です。内容量は150ml。

地の塩社 乙女の柔肌
テクスチュアは、サラッとした感じでべた付かないところが全身に使えるゆえんではないかと思います。

乙女の柔肌水の6つの保湿成分

地の塩社 乙女の柔肌

保湿成分

コメ発酵エキス
地元熊本山鹿の千代乃園酒造で作られた純米酒を使用
サクラ葉エキス
サクラ属ソメイヨシノの葉から抽出したエキス
加水分解ヒアルロン酸
従来のヒアルロン酸の1/1000のサイズで角質層のすみずみまで浸透。
ヒアルロン酸Na
お肌に潤いを与える。
シコンエキス
ムラサキ科植物ムラサキの根から抽出したエキス
グリセリン
昔から使用されている植物油脂からの保湿成分

全成分

水、グリセリン、温泉水、レウコノストック/ダイコン根発酵液、サクラ葉エキス、シコンエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、コメ発酵液、クエン酸、クエン酸Na、BG、エタノール

乙女の柔肌ジェルクリーム

地の塩社 乙女の柔肌
乙女の柔肌ジェルクリームは美容液と保湿クリームの2つの役割をもった美容ジェルクリームです。

地の塩社 乙女の柔肌
サイズは手にすっぽりと収まるサイズです。内容量は30g。

地の塩社 乙女の柔肌
フタを開けると、もう一つ中にフタがついています。

地の塩社 乙女の柔肌
中フタをとると、少し象牙がかったいろのクリームが入っています。

地の塩社 乙女の柔肌
腕の上にとってみると、少しサラッとした感じのクリームです。ジェルクリームという名前の通り、濃厚なクリームではなく、べたつきもなく、す~っとお肌にしみこむ感じです。

乙女の柔肌ジェルクリーム 成分

乙女の柔肌に使われている水は、天然の山鹿温泉水です。

地の塩社 乙女の柔肌

乙女の柔肌ジェルクリーム 全成分

水、BG、ジグリセリン、ペンチレングリコール、スクワラン、メドウフォーム油、温泉水、チャ葉エキス、コメ発酵液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グリチルリチン酸2K、レシチン、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、バチルアルコール、ステアリン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、キサンタンガム、カルボマー、アルギニン、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、エチルヘキシルグリセリン、エタノール

9つの保湿成分

①ジグリセリン ②ペンチレングリコール ③スクワラン ④チャ葉エキス ⑤コメ発酵液 ⑥グリチルリチン酸2K ⑦加水分解コラーゲン ⑧水溶性プロテオグリカン ⑨ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

7つのエモリエント成分

①スクワラン ②メドウフォーム油 ③ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) ④レシチン ⑤バチルアルコール ⑥ステアリン酸 ⑦トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 



「地の塩社」スキンケア使ってみた感想

この目次は「地の塩社」スキンケア使ってみた感想となっている理由は、乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームをモニターさせていただく前に、Ti-ina(ティーナ)クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4点セットをモニターさせていただく機会があり、「地の塩社」のスキンケアシリーズを2種類実際に使うことが出来ました。実際に50・60代の女性、そして肌質を考えたときにどちらを選ぶほうが良いのかを私目線で考えてみました

乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームとTi-ina(ティーナ)クレンジング・洗顔・化粧水・乳液を使ってみて感じたことは、は乙女の柔肌シリーズはTi-ina(ティーナ)シリーズと比べると少しサラッとした使い心地でした。

私の肌質はどちらかというと普通肌です。使い始めたのが4月上旬ですが、例年なら暖かくなっていく時期ですが、今年はGW間際の今まで寒い日が多かったですね。この時期にはTi-ina(ティーナ)シリーズがお肌にはしっくりと合うように思いました。

乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームには温泉水とコメ発酵エキスなど保湿成分・エモリエント成分などがふんだんに含まれているので、暖かくなったころからが私の肌にはしっくりくると実感しています。
実際に今年の4月は暖かい日もあり、その日は乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームがしっくりとなじみました。

丁度今年の4月は、暖かい日と寒い日を両方体験できたので、2種類のシリーズを使うことが出来、2種類の実感レポを出来たので、両方比較した記事をかけることが出来たのが、モニターさせていただいてよかったと思っています。

まとめ

「地の塩社」乙女の柔肌シリーズとTi-ina(ティーナ)シリーズを使ってみた感想は、乙女の柔肌シリーズは春先から秋口にかけて、また冷房で乾燥している季節に使うとすごくいいだろうな~と思っています。
暖かくなるこれからの季節に使うなら乙女の柔肌シリーズ

ご購入・詳細は>>>【温泉水&コメ発酵液】配合! CHINOSHIO「乙女の柔肌水」

Ti-ina(ティーナ)シリーズは化粧水そのものもトロっとしていて、いかにも保湿効果抜群のイメージでした。秋の終わりごろから花粉の乾燥している季節に使うならTi-ina(ティーナ)シリーズと思います。

ご購入・詳細は>>>Ti-ina(ティーナ)シリーズ

「地の塩社」Ti-ina(ティーナ)クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4点セットクチコミ
【自然派コスメ】地の塩社さまより、Ti-ina(ティーナ)クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4点セットをモニターさせていただいています。 Ti-ina(ティーナ)クレンジング・洗顔・化粧水・乳液の4点セットを約1か月実際に毎日使ってみた感想です。

地の塩社

地の塩社 乙女の柔肌
乙女の柔肌 化粧水&ジェルクリームと一緒に送っていただいたリーフレット「自然とくらしを笑顔でつなぐ」の中身を少しご紹介させていただきます。

地の塩社 
CHINOSHIOは、無添加シンプル処方にボタニカルエキスを配合したスキンケアを40年以上前から、自社工場で製造・販売されていて、生協など自然派を好まれる女性の方にこのまれているボタニカルのスキンケアです。ご紹介させていただいた乙女の柔肌・Ti-ina(ティーナ)の他に、よもぎ・どくだみ・ヘチマのような天然由来のせっけん・スキンケアなども販売されています。

地の塩社 
またCHINOSHIOはスキンケアだけでなく、ベビー用品・布ナプキン・黒川温泉シリーズの国産重曹・自然は家庭用品・国産きくらげや鹿角霊芝・トクホのお茶などを販売されています。

以下はパンフレットの中身をお写真を撮りましたので、一部ですがご覧くださいね。
地の塩社 

地の塩社 

その他には男性シリーズのクール&加齢臭対策の柿タンニン配合の男性用せっけんシャンプー・全身に使える化粧水、脱臭効果のある炭を配合した男のせっけん、そして炭シャンプー&リンスなど、沢山の自然派の商品を取り扱ってられます。

地の塩社でお特に購入する方法

ご購入はやはり地の塩社公式HPが一番お得です。
新規に会員登録されると、300ポイントがもらえ、そして¥5,000以上ご購入で送料無料です。

ご購入・詳細は>>>【CHINOSHIO(ちのしお屋)】公式通販

Return to Top ▲Return to Top ▲
タイトルとURLをコピーしました