メイクしながらエイジングケア|DHCプレミアムメークアップシリーズ パーフェクトリップスティック

DHCパーフェクトリップスティック

DHCプレミアムメークアップシリーズのDHCパーフェクトリップスティックを塗ると、年齢を感じさせる唇の縦ジワを目立たなくなり、おまけにメイクしている間も美容成分でエイジングケア出来るのが魅力的
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="3303534314">


DHCプレミアムメークアップシリーズ

DHCプレミアムメークアップシリーズはメイクしながらエイジングケアも出来るという画期的なシリーズです。若いころは素肌で勝負!素肌をきれいにするお手入れをしますが、年齢を重ねた50代になると素肌のお手入れは一生懸命しても、どうしても隠したい場所が出来てくるんです。今までは素肌で勝負と思っていても、年齢を重ねると多かれ少なかれ隠すメイクも必要になってきます。でも従来の隠すメイクはお肌にあまりよくなく、厚塗りになっていかにも隠してます!という印象を受けました。そして厚塗りするとゴワゴワになったり・・・

DHCプレミアムメークアップシリーズは自然な付け心地で、ハリと潤いを与えてくれるメイクアップ化粧品のシリーズなんですよ。
>>>DHC PREMIUM

DHCプレミアムメークアップシリーズには、今回モニターさせていただいているDHCパーフェクトリップスティックの他に、DHCエッセンスイン アイシャドウ・DHCエレガント フェイスカラー・DHCオールインワン クイックジェルエナメルEXがあります。
やはり次に使ってみたいのはDHCエレガント フェイスカラーですね。チークの発色がきれいだと、顔がイキイキ見えるので年齢をカバーしてくれます。
詳しくは>>>DHCエレガント フェイスカラー


DHCパーフェクトリップスティック

年齢肌の気になる唇の縦ジワを隠せる

DHCパーフェクトリップスティック
年齢を重ねていくと気になるのが唇の縦ジワ!リーズナブルな口紅をつけると、その縦ジワに口紅が入り込んでしまうことも・・・そうなると実年齢よりも老けて見えてしまうんです。DHCパーフェクトリップスティックは美容成分が入っているので、塗るだけでぷっくりとした唇に!それは本当に衝撃でした

DHCパーフェクトリップスティックの成分

DHCパーフェクトリップスティック

DHCパーフェクトリップスティックの成分の中でも気になるのが美容成分です。唇に濃密なうるおい・ハリ・弾力を与えるDHCパーフェクトリップスティックには、新うるおい成分を含み8種類のラグジュアリー美容成分がはいっています。
8種類のラグジュアリー美容成分シャクヤクエキス・バラエキス・水溶性有機ゲルマニウム・ローズヒップ油・スーパーヒアルロン酸・アミノ酸系オイル・オリーブバージンオイル・レッドパーム油


美容成分が入っているのに軽い付け心地!

美容成分の入っているリップスティックは、ベタっとしていて重いという理由で避けていました。避けるというよりもはや嫌いでした。特に夏場はただですら暑いのに、唇が厚く重ったるい感じは否めません。

DHCパーフェクトリップスティックを初めてつけてみた時に感じたことは、普通の口紅をつけているのと変わりのない軽い付け心地だったので、一度つけただけで気に入ってしまいました。

DHCパーフェクトリップスティック
発色もよく、顔色が明るく感じられるのもうれしいですね。50代に入ると若い時の同じカラーをつけても、なぜかしっくりしなくってくらい感じになるんです。それがその頃と同じような色味のローズ系のカラーでしたが、若いころのイメージを損なわない発色でした。

DHCパーフェクトリップスティックを塗ってみた感想

DHCパーフェクトリップスティックを使っ1日目にまず驚いたことは、食事したりしてもきれいについたまま!これには驚きました。やはり美容成分が入っているので、しっとり感はすごくよかったです。
お値段もリーズナブルで¥1,580(税込¥1,706)。このお値段でこれほどの使い心地は初めて!このお値段の割にはいいわね、じゃないんです!私が使ったのは落ち着きのあるローズ系のRS106。カラーも落ち着いた色味でとっても気に入りました。外のカラーも落ち着いた感じなので50代の女性が使うのにはピッタリの色味です。

ご購入は>>>DHCパーフェクト リップスティック


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Return to Top ▲Return to Top ▲