SNSで話題の「森の看護師」白樺樹液を使ったスキンケアKOIVE(コイヴ)トライアル 口コミ

白樺樹液スキンケア KOIVE スキンケア

真っ白な樹木「白樺」!初めて見たとき、あまりの白さに目をうばわれてしまいました。
「森の看護師」白樺樹液を使ったスキンケア KOIVE(コイヴ)は雪解け時期のわずか2~3週間の間にしか採取できない貴重な白樺樹液を水の代わりにたっぷりと使ったスキンケアです。

白樺樹液は「森の看護師」といわれるほど天然の栄養をたっぷりと含んでいて、1000年も前から北欧では美容・健康に使われてきたそうです。
白樺樹液ときいて、あの真っ白な白樺の林を思い出し、心も体もが清らかになった気がしました。

KOIVE(コイヴ)は貴重な栄養たっぷりの白樺樹液を水の代わりに、そして「コケモモ果実エキス」と抗酸化作用があると言われる「スズランエキス」2つの天然由来成分をふんだんに使ったエイジングケアの基礎化粧品です。
この3つの点が気になりどうしても使ってみたくなり、モニターさせていただいています。

スポンサーリンク

KOIVE(コイヴ)トライアルキット

【KOIVE】コイヴは肌に必要な保湿力を叶えるミネラル、うるおう力をサポートする美容成分がバランスよく含まれる白樺樹液を水の代わりに使い、不純物を含まず、無香料・無着色・アルコール無添加で仕上げられています。

白樺樹液スキンケア KOIVE
【KOIVE】コイヴトライアルキットには、コイヴ モイスチャライジングトナー(化粧水)・コイヴ モイスチャライジングクリーム(クリーム)・コイヴ フェイスウォッシングクリーム(洗顔クリーム)の3点がセットされています。

それぞれ使用順にご説明させていただきますね。

コイヴ フェイスウォッシングクリーム(洗顔クリーム)

白樺樹液スキンケア KOIVE
コイヴ フェイスウォッシングクリーム(洗顔クリーム)の内容量は15gです。
ほんの少し、約1センチを手のひらに取り、お水を少し足して泡立ててみました。
実際は1.5cmから2cm使いますので、倍量の泡がたちます。泡のテクスチュアはサラッとしていますが、汚れも落ちた後もサラッとしたスッキリとした洗い心地でした。

成分
グリセリン、ココイルグリシンK、シラカバ樹液、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジステアリン酸グリコール、クエン酸、コケモモ果実エキス、スズランエキス、プロパンジオール、アガスタケメキシカナ花/葉/茎エキス、水、フェノキシエタノール、デキストリン

コイヴ モイスチャライジングトナー(化粧水)

白樺樹液スキンケア KOIVE
モイスチャライジングトナー(化粧水)は、樹液を想像するともっとねっとりとした感じかと思っていたら、サラッとして、まるでお水のような感覚です。
お写真を早く撮らないとす~っとお肌の中に吸い込まれていくような感覚でした。

成分
シラカバ樹液、DPG、グリセリン、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、コケモモ果実エキス、スズランエキス、コメヌカエキス、ヒアルロン酸Na、トレハロース、パンテノール、加水分解ヒアルロン酸Na、PEG/PPG-17/6コポリマー、クエン酸、グリチルリチン酸2K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、アルギニン、水、BG、デキストリン

コイヴ モイスチャライジングクリーム(クリーム)

白樺樹液スキンケア KOIVE

コイヴ モイスチャライジングクリーム(クリーム)も油分たっぷりのクリームではなく、どちらかというと粘度は少なめで、化粧水を使った後の整えられたお肌に、抵抗なくす~っと馴染むイメージです。

成分
シラカバ樹液、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、パラフィン、塩化Na、PEG-150、ペンチレングリコール、ホホバ種子油、アボカド油、マカデミアナッツ油、ダイズ油、BG、コケモモ果実エキス、スズランエキス、アルガニアスピノサ核油、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-5、ニンジン根エキス、水、メチルパラベン、ステアリン酸Mg、フェノキシエタノール、クエン酸、硫酸Mg、デキストリン

ご購入・詳細は>>>年齢とともにうるおう肌本来の美しさ【KOIVE】コイヴ誕生!



KOIVE(コイヴ)のメリット・デメリット

SNSでも話題のKOIVE(コイヴ)の口コミを調べてみたところ、メリットとデメリットを見つけましたので、私自身の考えと一緒にシェアさせてもらいますね。

KOIVE(コイヴ)は1年に数か月しか採取できない貴重な白樺樹液を使っているので、自然な香りが気に入っています。
トライアルを1週間使ってみて、朝から気持ちよくハリのある一日を過ごすことが出来、すごく気に入っていますが、続けて使うには少しお値段が高価かなと思います。

毎日頑張っている自分へのご褒美として、気持ちの良いスキンケアをプレゼント!そんな気持ちで続けられるといいな~と思っています。

ただお値段が高価なのは、ある程度仕方のない話だと思っています。それは白樺の樹液を独自の製法で添加物・アルコールなどを使わずに、体に良い物だけで作られてるので、高価になるのは当たり前の話ですね。

まずはトライアルキットを試されて、十分に納得されてから本製品を購入されるのもいいかもしれませんね。
でもお肌に合うとすごく良い感じなので、私は気に入ったので続けて使ってみようかとも思いますがお値段が・・・

KOIVE(コイヴ)はとても良い製品ですが、ひとつ気を付けないといけないのは白樺のアレルギーがある方がおられるそうです。どのようなお化粧品にもアレルギーのある方がおられるように、聞きなれませんが白樺アレルギーというのがあるという事を知ったうえでお試しになられる方が良いと思います。

私も白樺アレルギーの事を初めて知りましたが、私自身ホホバオイルアレルギーで、お肌に直接塗る製品は成分を必ず確かめてから使うようにしています。

娘が美容師なので、ホホバオイルをヘアオイルとして使うといいよ!と言ってくれたので使っている間に、髪が触れる首・肩周りに細かい湿疹が出たことで、ホホバオイルアレルギーが発覚しました。それ以来良い成分イコール自分に合うとは限らないと思っています。

ただよく見てみると、コイヴ モイスチャライジングクリーム(クリーム)の成分にホホバ種子油がありました。気を付けていますが今回はKOIVE(コイヴ)モイスチャライジングクリーム(クリーム)に入っていることを知らないで使っていましたが、使い始めて1週間、今のところ湿疹は大丈夫です。
年齢を重ねて体質が変わったのかもしれませんね。

KOIVE(コイヴ)だけでなく、どの化粧品にも合う・合わないがあります。どちらのメーカーも注意書きに「目立たない場所でパッチテストをしてください」と言うような事が書かれていることはご存知でしょうか?

お化粧品を選ばれるときには、ご自分の体質と照らし合わせて選ばれるのが良いと思います。

ご購入・詳細は>>>年齢とともにうるおう肌本来の美しさ【KOIVE】コイヴ誕生!



1週間KOIVE(コイヴ)を使った感想

KOIVE(コイヴ)をモニターさせていただいたのがちょうど8月の夏真っ盛りの季節です。私自身暑い季節に濃厚なクリームを使うと、さらに暑くなる気がするのでサラッとしたテクスチュアのスキンケアを選ぶようにしています。KOIVE(コイヴ)は汗でべた付く夏に使いやすいスキンケアだと感じました。

脂性のお肌の方にはとても喜ばれるのではと感じています。私は普通肌なので春先から残暑厳しい9月、そして10月ごろに使いたいと感じました。

たっぷりと使ってエイジングケアしたい方には、お得なセットもご用意されています。




Return to Top ▲Return to Top ▲
タイトルとURLをコピーしました