ミネラルファンデーション☆ETVOS(エトヴォス)口コミ

ミネラルファンデーション
ミネラルファンデーション☆ETVOS(エトヴォス),
スターターキットを娘と私が実際に使ってみた感想!
>>> ミネラルファンデーション スターターキット








ミネラルファンデーション・ETVOS(エトヴォス)使った感想

ミネラルファンデーション・ETVOS(エトヴォス)はとっても細かい粒子でできているので、滑らかで、使い心地抜群です。

ETVOS(エトヴォス)とセットになっているハケは高級タクロン製でチクチクせずにとっても滑らな肌触りです。

まずは娘の顔につけてみました。

素肌
ミネラルファンデーションJ1

ETVOS(エトヴォス)でお化粧した肌
ミネラルファンデーションJ2

そばかすがとっても綺麗に隠れました。こんなに細かいパウダーできれいに隠れるなんてびっくりしました。

若いころから海が大好きで、毎年夏になると、毎週海に行きます。年齢を重ねるにつれだんだんとそばかすの数が増えてきて少し悩み始めています。

娘の職業は美容師なので、最近はお肌のお手入れも念入りにするようになりましたが、やはり出来てしまったそばかすはなかなか無くならず、とっても気になっている様子なので私の購入したスターターキットを使ってみました。

ETVOS(エトヴォス)をきれいに付けるコツ


細かい粒子のETVOS(エトヴォス)ミネラルファンデーションをきれいに付けるコツは、やみくもにはたくのではなく、
ハケを産毛に逆らって下から上にファンデーションを置いていく
ととってきれいにお肌にのります。上から下にすると、産毛の上に乗るだけでなので、ファンデーションがすぐに落ちてしまい綺麗につきません。
これは美容師で、メイクも習っている娘に教えてもらいました。
このコツさえ守れば、とっても綺麗につき、長持ちします。

このコツを教えてもらう前は、上から下にブラシを滑らしていただけだったのでやっぱりすぐに化粧崩れしてすっぴん肌になってしまっていました。
このようにすると、朝つけたメイクが夕方まで長持ち

皮膚科採用のミネラルファンデ|ETVOS(エトヴォス)

ミネラルファンデーション・ETVOS(エトヴォス)は皮膚科採用のミネラルファンデで、お医者様のお墨付きです。
防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料は使わず主成分は天然ミネラルなので低刺激で、そのまま寝てもお肌にあまり負担をかけないようです。といっても洗顔はしてくださいね。

とっても優しいファンデーションなので、クレンジングは不要で洗顔料で簡単に洗い流せます。クレンジングの使い過ぎは、お肌に刺激を与えすぎてトラブルの原因・アンチエイジングの敵といわれているので、洗顔料だけできれいに洗い流せるのは、お肌に負担がなく安心して使えますね。

紫外線カット&メイクしながらスキンケア

ミネラルファンデーション・ETVOS(エトヴォス)はSPF30PA++なので紫外線対策もバッチリ!そのうえパウダーなのに特殊コーテイングしたパウダーで、ミネラルファンデーション特有のお肌のくすみが防げ、朝つけても夕方まできれいを保ちます。

スターターキットには黒と白のフタのミネラルファンデーションが入っていますが、白のフタの方はナイトミネラルファンデーションで下地として、またお風呂に入った後の来客など、スッピンを見せたくない時の夜用ファンデーションとしても使えます。

スターターキット >>>  ミネラルファンデーション スターターキット

ETVOS公式サイト >>> 詳細はコチラ

ちょっと気になるミネラルファンデーション

ETVOS(エトヴォス)ミネラルファンデーションを使ってみて気に入っていますが、初めてミネラルファンデーションを使ってみたので、他のミネラルファンデーションも使ってみたいな~なんてちょっと浮気心(笑)

やはり良いものをいろいろ試して、一番良いものを選びたいというのが女性の本音ですね。当ブログ「50代・60代素敵に生活・キレイの情報発信ブログ」を運営している管理人は、少しでも読者の皆様に良い情報をお伝えしたいと常日頃から思っています。そこでアレコレお試しするのはどうかと思われる方にも私の主観ではありますが、複数の商品の情報提供をさせていただきたいと思っていますので、その中で気になるミネラルファンデーションがありましたので、後日口コミを書きたいと思っています。

ミネラルファンデーションで有名な、レイチェルワインさんのミネラルファンデーションです。国産ミネラルファンデーションでカラーバリエーションもNO.1の全12色。化学物質、化学添加物、油分・アルコール・防腐剤・界面活性剤など気になる成分を一切に使用していないミネラルファンデーションなので、一度使ってみる価値があるかなと個人的には思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Return to Top ▲Return to Top ▲