ベルメゾン ポンポンするヘアファンデーション(パウダーレーベル)で簡単白髪かくし


ポンポンするヘアファンデーション(パウダーレーベル)

50代のたいていの女性は白髪染をしています。かくいう私のその一人ですが、年々生え際の白髪の面積が大きくなるのが悩み。そして白髪染をしてから2週間もすると生え際の白髪が目立ってきます。
娘は美容師ですが、白髪染は強いので度々染めると髪にも地肌にもよくないといい、2週間に一度の白髪染はしてくれません(-“-)
髪と地肌のことを思うと、当たり前のことだと思うのですが、でもやっぱり生え際に白髪が目立ってくると、老け感がすごいんです。
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="7466747406">

以前TVでみた、ポンポンするだけの白髪隠し。名前は忘れてしまっていたのですが、たまたまベルメゾンのHPを見ていて、同じような商品を見つけました。同じようなというよりメーカーは違うと思うのですが、私が探していた白髪隠しそのものでした!

ポンポンするヘアファンデーション(パウダーレーベル)

私の第一の目的は、もちろん生え際の白髪を隠すことです。でもベルメゾン ポンポンするヘアファンデーションのパッケージには、分け目や地肌の透けを自然にカバーと書いてあります!これって一石二鳥!20代のころは髪の毛のあまりの多さに、少し薄くなってくれないかな~なんて罰当たりなことを思っていました。私の髪の毛は太くってその上縮毛で、伸びてくると収まりがつかず、毎日のヘアケアに悩んだものです。50代の悩みは違ってきていますが、学生時代の親友からは「髪の悩みは原因は違えど相変わらずね」なんて言われます(笑)。そんなに多くて困った髪の毛も、50代に入ると地肌が透けて見えるようになってきました。若いときはあんなこと思ったけれど、髪の毛がフサフサって幸せなことなんだな~ナンテ最近実感しています。
毎日鏡を見るたびに、手鏡で頭頂部を映してため息ばかり。地肌が透けているうえに生え際の白髪が目立つようになると余計に頭頂部がハゲているように見えるんです!ベルメゾン ポンポンするヘアファンデーションなら、その2つの悩みを解消してくれるんです!50代の女性の髪の悩みを2つもですよ!迷わず取り寄せました。

色はナチュラルブラックとダークブラウンの2色展開です。
普段ブラウン系に白髪染めをしているため、ダークブラウンを購入しました。



ポンポンするだけの白髪隠しって、雨の日は大丈夫?


ウォータープルーフだから雨・汗に強いので、梅雨の時期、50代女性の更年期のホットフラッシュでも安心です。
実はいったん収まっていた更年期症状のホットフラッシュが、最近またすごくなってきて、シャワーを浴びたように額に大汗をかいてしまいます。そんな時に黒い汗が流れてきたら困りますよね。実際に経験しましたが、全然大丈夫でした。ただファンデーションなので振りかけた部分が若干ゴワつきがありました。それを除けばとっても快適です。


雨・汗に強いウォータープルーフだと特殊なシャンプーで洗わないといけない?

この系統の白髪隠しは、雨とか汗で流れてしまうのはとっても困りもの。でもわざわざそれ専用のシャンプーがないと洗髪できないのも困りものですよね。50代になればそれぞれお気に入りのシャンプーがあると思います。でもポンポンするヘアファンデーションは、いつも使っているシャンプーできれいに洗い流せました。そのうえ、UVカットも入っていて、地肌にも優しいので髪を大切にする50代にとってはとってもありがたい白髪隠しです。


蓋を開けると、こんなに大きなスポンジです。このままポンポンすると出るのかと思い一生懸命ポンポンしていましたが、一向に出てくる気配はありませんでした。


それもそのはず、中蓋がしっかりとありました。それはそうですよね。新しく購入して蓋を開けると真っ黒なんてビックリしますよね。どんな化粧品でも中蓋は閉まっています。早く使いたくって勇み足になってしまいました(笑)


中蓋を外してみると結構細かい粒子のヘアファンデーションが入っていました。


髪の気になるところへスポンジで何回かポンポンしていると、だんだんと生え際が黒くなってきて若返ります。とっても簡単に使えました。
これなら白髪が目立ってきたときに外出するとき、きれいに自分で白髪隠しが出来ます。急に出かけないといけなくなったとき、美容室に行く時間がないときなどに、是非この白髪隠しはおすすめです。

ポンポンするヘアファンデーションご購入はこちらから>>>ポンポンするヘアファンデーション(パウダーレーベル)



Return to Top ▲Return to Top ▲