乳児湿疹が綺麗になった「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」レポ

はちみつまぶして作ったお塩の石けん

2017年1月に待望のお孫ちゃん誕生。
アラフィフになると、お孫ちゃんがおられる方もチラホラ。
やっとわが家にもお孫ちゃんが授かりました。

ばあばは、もう無条件に可愛くって、可愛くって、
目の中に入れても痛くないといいますが、平気で入れられそうです(笑)
そのお孫ちゃんも1か月半になり、乳児湿疹がすごいのなんのって!
お孫ちゃんの乳児湿疹、本当にかわいそうで、なんとか治してあげたくって、
はちみつまぶして作ったお塩の石けんを使ってみることにしました。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="7466747406">


はちみつまぶして作ったお塩のせっけんのお勉強会に
参加させていただいたときに質問させていただいた
「赤ちゃんも使っても大丈夫ですか?」
それになごころ化粧品さんの社長さんが答えていただきました。
「お塩だけで作っているので、赤ちゃんに使っていただいても全然大丈夫ですよ」
その言葉を信じて、かわいいかわいいお孫ちゃんに使い始めました。

使い始めて2日目で、頭の乳児湿疹が綺麗に無くなったのに
娘と私はビックリ!
正直こんなに綺麗になるとは思っていなかったので
一番ひどい頭のお写真は撮ってなかったので、比較ができずに残念です。

使い始めの2日目の頭皮


毎日可愛いお孫ちゃんのお写真を撮っているので
お顔の方は、ひどい時と綺麗になったときの写真があるので比較できます。

一日目のお写真
大きくできたお出来の先が白くなっていてとっても可愛そうでした。


3日目にはこんなに綺麗に!


毎日のお風呂は全て娘が入れていますが
先日乳腺炎でお風呂に入ってはいけないと言われたので
1日だけ私が入れることになりました。

久しぶり赤ちゃんのお風呂と言うと、やっぱり怖くって
産院が使っていた洗い残しがあっても良いと言われている某メーカーの赤ちゃん用の
ボディーシャンプーを使ってしまいました。
せっけんだとツルツル滑って、赤ちゃんを落としそうでしょ。
だからそのボディーシャンプーにしてしまったのですが
1回ぐらいという私の軽い気持ちがそうさせてしまいました。

そうするとテキメン!
お風呂から上がってしばらくすると、ポツポツ出始めました……



娘が、
「頑張っていろいろ調べてせっかく治ったのに!
なんで塩せっけんで洗ってくれなかったんよ!」
とすごい剣幕で怒られてしまい、お孫ちゃんには可愛そうなことでしたが
再度息子がお風呂に入れることになりました。

正直それまでは、ネットで調べて乳児湿疹対策をしていましたが
良くなっては、すぐに次々現れてくると言った状態でした。

乳児湿疹対策で試みたことの主な対策

乳児湿疹に母乳を塗る
 この方法は、すご~く悪化しました。
 多分、お孫ちゃんの乳児湿疹は脂漏性湿疹だったためだと思われます。
精製水をコットンに浸してやさしく拭いた後
 アロベビーを塗る。


 悪化はしませんでしたが、そんなにも良くなりませんでした。


はちみつまぶして作ったお塩の石けんを使ってからは
今のところとっても綺麗な状態になってきて
やっと綺麗な赤ちゃん肌が現れてきました。

市販されている赤ちゃん用の沐浴剤やボディシャンプーは
赤ちゃん用だから安心とは、一概には言えないのですね。
お孫ちゃんが産まれてシャンプーを選ぶときに
「産院で使っているものなら安心」と思って選びましたが
やっぱりおの状態はそれぞれなので、少しおかしいと感じたら
すぐに違うものに変える勇気は大切だと感じました。

はちみつまぶして作ったお塩の石けんは、添加物は一切入って無く
舐めても大丈夫と社長さんが言われている位の自信の石けん。
今回なごころ化粧品の社長さんの言われる事を
素直に信じて使ってみて本当に良かったと思います。
「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」で頭の先からつま先まで
全て洗っています。
もちろん髪の毛もシャンプーを使わずに、はちみつまぶして作ったお塩の石けんで洗ったので
頭皮もこのように綺麗になったのだと思います。

赤ちゃんの髪だからなのでしょうか
石けんでシャンプーするとギシギシ感が半端ないのですが
はちみつまぶして作ったお塩の石けんで洗われたお孫ちゃんの髪は
フサフサしていて、とってもサラサラ・キラキラの髪の毛です。

わが家のお孫ちゃんには
 とっても合いましたが、先ほどもお書きしたように個人差がありますので
 よく検討してくださいね。

はちみつまぶして作ったお塩の石けん

関連記事

カテゴリー

最近のコメント

    ページ上部へ戻る Return to Top ▲Return to Top ▲